RECOMMEND

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 耳から栄養補給(!?) | main | 一発芸? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
朝からホワイトアウト
久しぶりにiPhoneから投稿してみます。

いやー今日は朝イチからすごい地吹雪でした。
それでも雪をかきつつ湯滝裏の温泉枡に強行。



朝6時、暗いので足元はこんな感じ…




20〜30分するとやっとそれなりに明るくなってきました。
ほっ…

こういう寒い日はすこし熱めに調節するわけですが、
なかなか思う通りの温度で落ち着いてくれないのが悩みどころです。

・源泉の温度と量
(今は温泉街のロードヒーティングにもお湯を分配しているので、通常の3/4以下の湯量)
・山水の量と温度
(冬は枡が凍るほどキンキン!!)
・外気温
・お風呂の石造りの保温力
(・体感温度)

この辺を吟味しながら水の加え加減を見極めるわけです。
山からのありがたい恵み、生半可な気持ちでは挑めない!

何度も言ってしまいますが、冬場は
「入った瞬間からちょうどいい〜」
では、実はぬるくてNGなのです。

身体は想像以上に冷えていますので、
最初によく掛け湯をして入ってみて下さい。
掛け湯の時点では桶に水を足しても構いません。
とにかくある程度身体を温泉に慣らしてくださいね。
最初のうち「うーん、ちょっと熱い…」
くらいだと、徐々に身体が慣れて心地よく感じられるはずです。

個人的な好みもあると思いますが、西屋の滝風呂は内湯でありながら外から雪が吹き込んでくるような造りなので、
湯温がぬるいといつまでも出られなくなってしまいます。

毎日手探りですが、少しでも皆様が快適に温泉を楽しめるよう日々調節頑張っております!!
もしも極端に熱かったりぬるかったりした場合は遠慮なくお知らせくださいね
若女将de西屋 | 白布の自然たち | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
すごいゆきですね。

足をとられてお湯の中に落ちないように気を付けてくださいね。
* luno * 2014/12/17 4:32 PM |
コメントありがとうございます。

毎日お薬師様にお参りをしながら頑張っています。
* 若女将de西屋 * 2014/12/22 3:14 PM |
It comments.









trackback URL of This Entry
http://nishiyahiyoko.jugem.jp/trackback/793
Trackback