RECOMMEND

<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 初雪&ニューフェイス | main | 朝からホワイトアウト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
耳から栄養補給(!?)


前回の更新から早1か月。
既に銀世界となった白布温泉街をカッコよく通り過ぎていく除雪ロータリー。
西屋前通過〜!!!

ゴゴゴゴ…

なんというシャッターチャンス!私狂喜。

今週末も(というかなぜか週末に限って)大雪の予報が出ているので、
きっと彼(?)の出番はますます増えることでしょう。
頑張れ。



一方の私は年末調整の段取りに年賀状つくりに子どもの水疱瘡に四苦八苦。
せめて心を癒すBGMがなけりゃやってられない!!



・・・・・というわけで、イヤホン↑新しく買いました。

audio-technicaのSOLID BASSシリーズ、ATH-CKS99。
納得の聴きごたえ。

今までは一か八か100%口コミ頼みでネット買いしてたのですが、
今回は直接電気店に足を運び、実機をよく聴き比べてから厳選しました。

私、けっこう音響にはうるさい方なのです。
特に、外部の雑音をシャットアウトして純粋に音楽を聴くとなると、
それが流し聴きだろうと聴きこみだろうと音の質感がちゃんと伝わって
こないと納得できない。
(じゃ今までのいい加減な買い方は何だったんだ!?というツッコミはなしよw)

特に低音の響きとバランス!!
これまで使っていたのも決して悪くはなかったけど、いまいちパンチに欠けていたので、
今回はそれをカバーしつつ再生可能な音域(再生周波数帯域)のなるべく
広いスペックを求めたわけです。


…で、お店でいろんなイヤホンにiPhone差しまくって聴いてみたのが、
およそ以下の曲。

Marilyn Manson : King Kill 33°/ Burning Flag
⊆袂紺 : 岸を離れる日
Sarah McLachlan  : Angel(映画「シティ・オブ・エンジェル」の挿入歌)
E.Rautavaara(ラウタヴァーラ):交響曲第7番「光の天使」第1楽章
タ⊂梢夫  :The Chase of Highway
(「Final Fantasy Advent children」のフェンリル爆走シーン)
  :My Home, Sweet Home : by Final Fantasy Song Book “まほろば”



・・・こうやって列挙してみると、我ながら何てちぐはぐなジャンルww

特にぁ▲ラシック好きの人にも殆ど知られていない曲じゃなかろーか…
これでバルトークのオケコンまで聴いたことあるという方は
かなりの現代音楽好き…いやフィボナッチ数列天使です

イ聾世錣困發な。FFのサントラ&アレンジはどれも好きすぎて、
味付けがハードロックだろうが民族系だろうがしっかり楽しみたいので
もれなくピックアップ。まぁ他にも候補が(大量に)あったけど、
ぱっと目についたのがこの2曲だったという…


話がそれまくりましたw

メーカーは特に決めていなかったけど、SonyやVictorは低音的に
やや物足りず、おなじaudio-technicaのCKR(Sound Reality)シリーズも
微妙に好みと違って選択圏外…
最終的にSOLID BASSシリーズの各グレードを聴き比べることになりました。
しかしまぁ予算とクオリティがミスマッチもいいところで、本当に選びづらかった…
高いの(CKS1000〜)は2万円以上もする!
確かに響き、バランス、音の広がり、どれもパーフェクトなんだけど、
一点気になるのが、なんだか音全体がえらく地面の下からズシンズシン
響いてきているような妙な感覚がすること…
思いもかけないところから音を飛ばされているようで、何かフィットしない。
逆に安めの方は低音域が響きすぎて中高音が聞き取りにくい(ボヤーンって感じ)。

結局一番バランスが取れてたと感じたこの機種に決めたというわけです。
投資投資…

今、いろんな音楽を(中にはCDブック的なものも)聴いています。
山に一人入って水を引く作業をする時も、家で掃除をする時も、
ちょっと一息つく時も…
それぞれのシーンに合わせて気分を高揚させたり癒したりしてくれる音楽は、
私の心の栄養そのもの^^

メタル・ハードロック系を聴いている時間が妙に長いのはナイショです(笑)
いえいえ、ちゃんといろいろ聴いてるよ!!



↑ほんの一例。センタージャケの破壊力wwww
若女将de西屋 | 若女将の独り言 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
It comments.









trackback URL of This Entry
http://nishiyahiyoko.jugem.jp/trackback/792
Trackback