RECOMMEND

<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ブログ復活!! | main | 秋空の天元台にて >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
現役ふたたび


今年に入ってから、お泊り頂いたお客様にこつこつとお礼状を書いています。

初めのうちは、主人から万年筆を借りていましたが、どうも
色や書き具合が好みと違い、内心不満でした(おいおい^^;)。




そこで、
実家の父から無理やりがめたお願いして譲ってもらったこちら↑を
今では愛用しています。

だいぶ年季の入った万年筆…
しかしこれがまた、胴の太さ・筆跡の細さ・全体の重さ、ちょうどぴったり。




インクの補充は、カートリッジではなくインクツボ(?)から。
ペン先を突っ込んで、くるくる回しながらインクを吸い上げます。



急ぐと漏れる(笑)なかなかワイルドな方法。
初めはけっこう戸惑いました。

インクにはいくつか色の種類があるようですが、「ROYAL BLUE」という
カラーを愛用してます。宵の空のような素敵な色です。


実家で見つけたときはインクもからからにこび付いてそのまま引出し
にしまいっぱなしでしたが、お湯につけて汚れも落として
無事に再生してくれた今、
愛情をこめて長く付き合って行こうと思っています。
若女将de西屋 | 若女将の独り言 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
It comments.









trackback URL of This Entry
http://nishiyahiyoko.jugem.jp/trackback/787
Trackback