RECOMMEND

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 新しい新幹線つばさ&アズマンジャー! | main | 現役ふたたび >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
ブログ復活!!
JUGEMテーマ:温泉に行こう


「実にけしからん。」


ようやくブログの更新です。
ときどき覗いてくださっていた方、3か月もほったらかして
本当に申し訳ありませんでした^^;

Facebookのほうはちょこちょこ情報更新していました。
はい、ちゃんと生きてます。

とにかく7月以降、現場の仕事が増えてとてもブログに向かう余裕がありませんでした。



茶の間&二の間の大片付けに始まり、





↑母屋正面の塗装もしました。お化粧直し!

他にも身辺整理(!?)やら事務所内の改造やらお礼状やら子供の夏休み(笑)やら…
はては温泉の湯温を毎日管理するという、元々番頭役(男専)だった
作業を我自らひきうけ、やっと早起きに慣れてきた今日この頃です。


朝昼夕、時には熱く、時には恋人のようにマイルドな温泉と本気で語り合う日々。




朝一番(約5時半)に湯滝風呂の裏から見渡す西屋は、何とも神秘的です。
まぁ、冬になったら真っ暗で何も見えなくなるわけですが。
足場があまり良くないので、行き来する時相当気を付けなければいけません。




↑お客様からは直接見えない湯滝風呂の裏には二つ枡があります。
これは湯滝風呂の温度を調節するための大切な山水用枡。ミニサイズ。



温泉用枡のうち奥の方(源泉枡)で山水をブレンドし、温度調整。



さらに湯滝側にもう一つある枡で、男女3本ずつの湯筒にお湯を分けます。



絶賛調節中!!(ナント自撮り)

(ある日これやってる最中に愛用のメガネを源泉枡に落とし、
あえなくオシャカになる
という悲劇もありましたwwww)

一見地味な作業ですが、これを毎日続けるうちに、
温泉や西屋そのものに対する考え方がいろいろ変わってきました。

目には見えない自然の力とその恵み、
そしてそれを利用するのではなくあくまで“使わせて頂き”、
お客様に心地よい形で提供する人間との代々切っても切れない関係…



この、生まれたての温泉!!!
何だろう、このあったかくて幸せな気持ち!!

700年以上の歴史を持つ白布の温泉とこうして毎日向き合える。
なんて幸せなんだろう!

気が付けば朝は「おはよう!今日も元気に湧いてるね!」
事務所に戻るときは「じゃあ後は頼んだよ!」
心の中で枡に向かって声をかけるようになっていました。

温泉旅館の魅力って何?

西屋の良さって何?

ずっと喉元で引っかかっていた疑問の答えがようやく見つかりそうです。


そんなこんなでこの夏を通していろいろと心境の変化があり、
HPに加え、このブログも別の形でリニューアルしようかなと考えています。

もっと気軽に更新できて、伝えたいことを伝えられて、
大好きな着物やにゃんこの話題が増えて、もっともっと工夫したいのです。

今すぐではありませんが、何か今年のうちに
変化球を透過したいと思います。

いたりいなかったり、突然豹変したり
相変わらず意味不明な若女将でごめんなさい。

どうぞ末永いお付き合いをお願いいたします*^^*



↑この間の十五夜に撮影したスーパームーン。夜22時半ごろ?
真っ暗すぎて西屋がまるで見えない(笑)
若女将de西屋 | 若女将の独り言 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
It comments.









trackback URL of This Entry
http://nishiyahiyoko.jugem.jp/trackback/786
Trackback