RECOMMEND

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 私まで旅したくなるわ〜♪『別冊旅の手帖 山形』 | main | 新しい新幹線つばさ&アズマンジャー! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
雨音さやかに…白布温泉源泉祭
JUGEMテーマ:温泉に行こう



今日は白布温泉源泉祭りが行われました。
目印の旗の下に、集合!



梅雨時とはいえ、いつもなら青空または薄日がさすお天気に恵まれる日なんですが…

今日は珍しく!!

急遽祭壇にテントを張って準備を進めましたが、足場はぬかるんでいるし、
やたら気温も低く、終始普通とは違う雰囲気でした。



祭事の始まりにあたり、お清めのお湯を祭壇に撒く住職さん。



さらに紙垂でこの地の穢れを祓います。

この間、人ならぬ何かがじっと森の奥から見守っているような、
それが雨音に紛れてすぐそばまで来ているような、
怖くはないけど不思議な気配をすぐそばに感じずにいられませんでした。
森や木の息遣いすら聞こえそうな…。

ご祈祷が始まり、笹野観音さんの厳かなお経の声が
木から滴る雨音と共に源泉地に響きわたります。
お地蔵様が見てる…



山の自然も温泉の恵みも、人知を超えた見えない力によって守られています。
古来から、ご先祖様たちはその「存在」を神様として畏れ敬い、
幾年にもわたってお祭りをしてきました。
現代の世に生きる私たちも、その恩恵を受けつつ日々生活できることに対して
決して感謝を忘れてはいけません。



最後は参列したみなさんで順々にお参りをしていきます。

ちょっと怖いかもしれないけれど、大丈夫。
私たちを見守ってくれている存在なのだから。




こうしてお祭事は無事終わり、乾杯用のお酒につけるスルメを割く男子。
なんだかかわいい光景(笑)

その後は吾妻軒さんで直会を行いました。



ありがとう、白布の湯。
若女将de西屋 | 白布の自然たち | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
It comments.









trackback URL of This Entry
http://nishiyahiyoko.jugem.jp/trackback/784
Trackback