RECOMMEND

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 今年の抱負・目標を教えてください! | main | 吾妻連峰の反対側は… >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
兼続公も見た冬の黄昏〜駆け足一週間!


昨日、久しぶりに街へ下りました。
帰り道、ふっと西吾妻山麓を見上げると、夕日に輝く美しい天元台スキー場が見えたので、
「よっしゃカメラ!!」と、さっそく車を止めてバチバチ撮影しようとしたのですが…
絶好のアングルにもかかわらず、どう撮ろうにも必ずと言っていいほど電線が邪魔をして、
きれいに納まってくれません。まるで巨大なクモの巣のように、空という空を這い渡っています。
普段は気にとめることもなかったのですが、こうやってファインダー越しに風景を切り取ると、
なんとも異様な光景。生活に欠かせない電気を運ぶライフラインとはいえ、
さすがに邪魔、としかいいようがない。

約400年前、上杉景勝公や直江兼続公が見上げた米沢の空は、
もっと自由に晴れ渡っていたでしょうに…。

閑話休題!



はてさて、正月だ〜新年だぁ〜と盛り上がってたのもつかの間、あっという間に
1月も半ばに差し掛かってしまいました。はっ……はやっ堯福陰◆院─!
ブログもすっぽかしていったい何をやっているんでしょうか^^;
・・・
とはいえ、
商いと主婦の二足の草鞋は、風邪すら引かないタフさを与えてくれます(笑)

先週土曜日(10日)、笹野観音様から和尚様をお招きして、白布温泉街で
さいとう焼きが行われました。その夜は吹雪ながら、西屋からも多数のお客様が
見物に出かけられ、ごうごうと燃え上がる火で手作りお餅を焼いて、
一年の無病息災を祈ったのでした。



張り切ってたくさん用意!!
特に若いカップルの方が珍しがって、こぞって参加して下さったのが印象的でした。
ありがとうございました^^
若女将de西屋 | 西屋徒然草 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
It comments.









trackback URL of This Entry
http://nishiyahiyoko.jugem.jp/trackback/210
Trackback
大河ドラマ 天地人直江兼続 子役
直江兼続大事典商品価格:12,600円レビュー平均:0.0 直江兼続奸臣説 直江兼続奸臣説直江兼続は、江戸期には、主家の上杉を西軍につかせて道を誤らせた奸臣と見られていたと、何かで読んだ気がしますが、実際のところ、関ヶ原後、上杉家の中で直江兼続の立場はどう
| 大河ドラマ 天地人 | 2009/01/15 10:22 PM |