RECOMMEND

<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
屋根より一足先にお風呂がきれいになりました
JUGEMテーマ:温泉に行こう



 今月の初めに、西屋は湯滝風呂の一部を修復工事しました。
何十年もバンバン温泉に打たれていれば、どんなに頑丈な青森ヒバだって
痛んでくるものです。

気がつけば男湯と女湯の間にまんまと“のぞき窓”が開いてしまう事態に…

これではいけないと、茅葺屋根よりも一足先に手を加えたのでした。

雨が降ると作業がストップ…

↑こちらは工事中の様子その1。
中庭に木材と、お風呂場の構造に合わせて細かくカットできる機会を持ちこんでの作業です。

鏡で合わせたような男湯と女湯。

↑工事中は、男湯と女湯が完全に合体。とても不思議な光景でした。
よく見ると、土台となる御影石の床には木の柱を立てる溝がちゃんと作られています。
何百年も前にできたものですが、当時の職人さんの技ですね^^

昔の黒板に書かれた星座みたい。

↑お湯を止めて完全に乾いた湯船の底。一枚岩ではなく、こんな風に城壁みたいに
いくつもの石が組まれているのがわかります。

新ぴかだー!

↑作業は3日ほどかかりました。あまり足場が良くないところで暗くまで作業してくださった
みなさん、お疲れ様でした!


ぜひ入りにいらして下さいね♪

↑そして今のお風呂の様子です!(女湯)
湯船とのコントラストが映えて、お風呂が広く明るくなった感じです^^!!
新しい青森ヒバの香りが温泉の湯気にのってただよってきて、とってもグーです!!!

とても歩きやすくなりました!

↑お風呂前の渡り廊下のすのこも新しくしました。
以前のようにがこがこすることもありません。幅も広くして、とても頑丈になりました。


いっぺんに新しくすることはできなくても、少しずつできるところから
西屋を磨きなおしていく。
そんな作業がこれからも続きます。

若女将de西屋 | 西屋敷地内あれこれ | comments(0) | trackbacks(0) |
珍(?)楽器フェアin西屋
JUGEMテーマ:楽器

なんか…妙に背景にとけこんでいる…


本日西屋のロビーはちょっと変わった雰囲気に様変わりしています。
さまざまな形&大きさの楽器が、まるで長椅子に腰かけたお茶屋のお客のよう(笑)

実はこれ、主人と私の楽器です。
もともと二人とも楽器演奏が趣味で、ジャンルを問わずさまざまな音楽を楽しんでいるうちに、
いつの間にか賑やかなコレクションが出来上がってしまいました
(といってもそんなに数は多くはありませんが…)。

まぁ、ダンナのギターだけ並べたら間違いなくロビーには収まりきらなくなってしまうでしょうから(汗)

西屋にご滞在の間に、お客様にちょっとした気分転換のひと時を楽しんで頂けたら…という
ささやかなコーナーです。

かつて私も東京に住んでいたころ、「楽器フェア」に毎回のように足を運んでは
よりどりみどりの楽器に心をときめかせたものでした…(遠い目)。

今後は週末を中心にこのコーナーを開いたり、ミニミニコンサートイベントなどを
展開していけたらと考えております。

まだいつの実現になるかは未定ですが・・・
どうぞお楽しみに!

若女将de西屋 | 西屋敷地内あれこれ | comments(0) | trackbacks(0) |
夫婦のような五葉松とサツキ
JUGEMテーマ:ガーデニング


 先週の留守中、ずっと番頭さんにお世話を任せっぱなしだった中庭。
数日の間にすっかり大きくなった花木もあり、びっくりしました。

伸びすぎて頭が重く垂れさがってしまったカスミソウに添え木をしたり、
ちょっと元気をなくしていたウルイをそっくり植え替えたり…雨に湿ったやわらかな
土の感触は実によいものです^^


さて、中庭の植物たちのうち、ずっと気になっていたとある五葉松の盆栽があります。
小さな鉢の中にいつのまにかサツキが枝を伸ばし(しかもかなり大きく育っていて、
まるで松と抱き合っているよう;)、今度はユリらしき芽まで出てきて、見た目にも
狭苦しい状態になっている鉢です。もしかして親子?!

さすがに見かねて、今日はその盆栽からサツキとユリ(?)を別の鉢に植え替えたのでした。

鉢は別でもずっと一緒に。

気をもんで作業したので、ビフォー写真を撮るのを忘れました;

見た感じはすっきりしたと思いますが…
たとえ鉢を植え替えても、もともとずっと仲良く寄り添ってきた木達。
ちょっと鉢のカラーはちぐはぐですが、引き離すのは忍びなく、なるべくもとあった
位置のすぐ近くに鉢を置いてあげました。

ちなみにサツキは先月中頃、朱色のとても美しい花を咲かせてくれました。

こんなに大きくなるまでそのままだったことが何だか不思議ですが、今回鉢を分けた
ことで「気を落として」枯れてしまわないといいなぁ…
どうか来年もきれいな花を咲かせてほしいと願っています。

若女将de西屋 | 西屋敷地内あれこれ | comments(0) | trackbacks(0) |
“腰紙”という和の美
 

広辞苑くらい分厚い見本とにらめっこ

館内&客室内の腰紙がさすがに長い年を経くたびれてきたので、
いよいよ張り替えをすることになりました。

というわけで、とりあえず見積もりを兼ねて職人さんからサンプルをお借りしたのですが、

いやーーーー種類多すぎ^^;;;;!!!!

しかもどれも和好きにはたまらないステキな地模様・柄ばかり!!
う〜ん、これはかなり迷いそう(汗)

現在、西屋では館内は主に藍色の無地(写真)、各客室はそれぞれ異なる意匠の腰紙を
採用しています。もともと腰紙というのは茶室の壁の床側に彩られた特殊な和紙で、
(和)服が土壁にすれてお互いが痛まないようにするためのものだったそうです。
(実は私も初めてその役割を知りました;)
現代は純粋に和のインテリアというとらえ方が主のようで、その種類も素材感も色も本当に
多様です。特にお部屋なんかはちょっと色柄を変えただけでがらりと印象が変わります。

で館内はともかく、客室は「若い人なりの美意識で選んで」と女将は言いますが…
責任重大だなぁ…^^;
少し時間をください(苦笑)


少し話はそれますが、ここ数日白布は気温の高めな日が続いています。
あちこちの雪の割れ目から、かわいいふきのとうが元気に顔を出し始めました。

こんにちは♪もうすぐ春ですね♪

この暖気で天元台スキー場ですら雨が降り、職員さんはさすがに不安げ…。
来週の天気予報では雪マークが続いているので、今少しの辛抱です!
若女将de西屋 | 西屋敷地内あれこれ | comments(0) | trackbacks(0) |
ほだ雪、虫干し、凍み大根
JUGEMテーマ:旅行

080229_1505~0001.jpg
↑西屋本館から道路を挟んで大樽川寄りにある、ザ・蔵です。
蔵といっても…一体どこが;みたいな感じでしょうか^^;
本当は2階建てなのですが、見えているのはその2階で、
1階部分はあまりの積雪で見事に埋まってます。
入り口の屋根がかろうじて足元に……見えない(笑)

むむ、軒先に下がっているものは、さて一体何でしょう??

080229_1510~0001.jpg
↑その正体は、2ヶ月ほど前から吊るしている凍み大根です。
私の実家で採れた冬大根を、当館社長が一つ一つ丁寧に加工しました。
寒冷地である白布ならではの冬の保存食。
もう少し待てばすっかり水分が抜けて、
美味しい煮物やお茶請けに変身します。

080229_1509~0001.jpg
↑道路越しに西屋方向を見上げてみます。
写真を撮影したのは1週間ほど前ですが、
雪の様子は今も殆ど変わっていません。
天気が良ければ気温も低い(放射冷却)!
何を隠そう今朝の気温は−5℃でした。
でもこの日差しが暖かい恵みとなり、
白布に春を運んできてくれるのです。

ちなみに大根が吊るさっている軒先の横棒は、春〜秋の涼しい日に
虫干しした着物や巻物をかけておくためのものだそうです。
現在も蔵の中は昔の着物と西屋の歴史でいっぱい。
その殆どは手付かずのままです…あぁ;;;。
今年は本来のお役目を果たせるように、少しずつ整理をして
いこうと思っています。
若女将de西屋 | 西屋敷地内あれこれ | comments(0) | trackbacks(0) |
地蔵様を訪ねて急斜面(写真いっぱい!!)


さて、ここはどこでしょう?
ここは、先日お祭りのあった御薬師堂から西屋方面を見た光景です。下に階段が見えますが、途中から階段が切れたみたいに崖!になっています。
先日のブログで「お地蔵様のところはどうなっているの?」という質問を頂き、無謀にもつっかけにロングスカートで下まで降りてみたひよこでした!
以下お地蔵様までの道のりです(笑)




↑いかにこの階段が急であるか、目印に手元にあった紙袋を置いてみました。
これ、一見ただの階段に見えますが、実は一段一段の幅がとても狭くとても正面を向いては降りられません(横歩き&その辺につかまること必至)^^;しかもところどころ崖の下に向って段が傾いているのです;;;
十数段降りただけで、御薬師様のお堂がもうあんなに小さくなっています。
まだまだ途中、さらに一気に下へ下へ!!!!



↑ううう、だいぶ下まで降りてきました。
落差はともかく、そろそろ足もがくがくです;;ここまでくると、もう階段というよりもハシゴを降りている感覚です(笑)途中で置いてきた紙袋はもうはるか頭上。いかに急斜面かお分かりいただけたでしょうか?




↑やっとお地蔵様の前に到着!!
きれいな苔の袈裟に包まれ、その表情はとても穏やかです。一時は心無い人に首を落とされたりしたこともあったということですが、場所が場所だけに、今では家の者以外詣でる客人もいなくなりました。。




↑翻って西屋のほうを見下ろすとこんな感じです。手前が滝湯場、奥が「清流」の間の並びです。温泉の暖かさで、何となく地面がホカホカvv
お地蔵様、雨の日も風の日も、こんな風に西屋を見つめておられるのですね。




↑ちなみに御薬師様&地蔵様の鎮座場所は写真の印の場所です(お地蔵様の表示はなし…^^;)。西屋の屋根バックに小さく階段が描かれていますが、実際はほんとにプチロッククライムになりますので、おいでの際はくれぐれもつっかけではなく運動靴で^^!!



すっかり長ブログになりました;
これからは山々の景色も美しい秋シーズンです。
沢山のお客様が西屋を訪れてくださる時期でもあります。そこでブログ新企画として、館内各所や客室を順々にご紹介していこうと思います。訪れたことのある方もまだの方も、ぜひ西屋の隅々までご覧になっていただければと思います^^
もちろん今回のように、外回りのご紹介もしてまいる予定ですvv
若女将de西屋 | 西屋敷地内あれこれ | comments(0) | trackbacks(0) |
/ 1/1PAGES /