RECOMMEND

<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
初めての獣医さん
JUGEMテーマ:にゃんこ



昨日、5匹の子猫たちを初めて米沢の獣医さんに連れて行きました。


一番小柄なまこが、週末頃からお腹を壊してミルクもあまり飲まないと、
娘の入院中ずっと子猫たちを預かってくれていたスタッフかずこさんが
心配していました。
体重を量ってみると…案の定、まこだけ目方が減っていました。

他の男の子3匹も、前回ブログの事情の通り、局部が赤く腫れ
上がっていました。

5匹もまとめてコロコロしていると、ハングリー精神旺盛なのか
弱っているのか実に見極めづらい…(汗)

というわけで全員獣医さんへゴー。


その結果、まこちゃんは体重が少なめでおなかの調子も崩れているけど、
命に別状はないとお墨付きを頂き、お薬を処方してもらいました。

むしろ緊急度が高いのは、男の子達の方でした。
このまま放っておいたら尿路閉塞になり、あっというまに命が危険になる
ということでした。


さっそく自宅に戻ってから、全員を部屋分けしました。

まずは男の子

 

 

 

(左から)おんでん・かぐら・めい「出してぇぇ〜〜!!!!」

今までみんなで一緒に小さな籠の中にいたため、突然一匹にされて
大騒ぎです。

 

 

お互いに声は聞こえるけど相手が見えない。
どこにいるんだガリガリガリ!!

 


おんでん
は必死なあまり(?)、何度写真を撮っても顔がブレまくりです^^;

こんなに小さい子猫でも、さすが男の子は動きに力強さがあります。
身体はあんこまこよりかなり大きく、外に出せば子どもたちの
いい遊び相手になってもくれたりします。
このまま元気を維持してもらって、今月中旬ごろまでに
トイレトレーニングをマスターさせて、胸を張って里子に出せる
体勢にもっていきたいところです。


一方女の子組

 

この子たちは2匹一緒にいても体を傷つけあう心配がなく、
とりあえず安心です。

まこ(左)より一回り大きなあんこ(右)は、5匹の中でも
マイペース度&離乳食へのガッツキ度はぴかイチ。
スタッフめぐみちゃんが子茶丸の相棒として里子に欲しいと
いち早く名乗りを上げてくれました。

あんこはトップバッターでお嫁に行くかもしれません。


 

こちらは数日前から試しに始めた、夕食de離乳食の様子です↑
ミルクを混ぜてやるとなお食べる食べる…

里親希望の方々とはまだ交渉段階なので、誰がもらわれていくかは
今のところ未定です。

大きさも個性も違いますが、みんな幸せになってくれればそれで
結果オーライ、ただ今は愛情を持って見守るばかりです。

元気よく大きくな〜れ。

若女将de西屋 | | comments(0) | trackbacks(0) |
/ 1/1PAGES /