RECOMMEND

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
西屋丸ッと案内〜廊下設備編
JUGEMテーマ:旅行

ブログの更新ペースが、少しずつ回復してきた(…かもしれない?)気がする今日この頃です。さすがにお腹が少しずつ出てきたので、前掛けでひたすら体型を隠しながら、寒さの中何とか頑張っています(爆)
そうこうしているうちにびっくりすることが!
途中でツワリしていたこともあってすっかりカウンターを無視していましたが、気がついたら、8月17日にこのブログを開設して以来なんとアクセス件数がもうすぐ12,000件に!!!!
うう、こんなにもペースが乱れ打ち?状態のブログにも関わらず、多くの方にご覧になっていただきありがとうございます(><)!!これからもちょくちょく更新していきますので、どうぞよろしくお願いいたします!!!

というわけで、連載企画再び!
今日は、河鹿のお部屋のそばにあるお風呂やその他設備のご紹介です。




↑先日ご紹介した河鹿の部屋の前から、廊下つきあたりを見たところです。
明るい廊下の先には、貸切になる家族風呂、ちょっと奥には手洗いがあります。端の端まで籐ござが光ります。




↑廊下のつきあたりまで来ました。
家族風呂(貸切内湯)の入り口は向って左側、右手の二つの扉は手洗いの入り口です。奥側が女性用になります。手洗いにはちゃんと洋式のウォシュレットトイレが備わっています。ご年配のお客様でもご不便をおかけすることはありません。手洗いは他にも4箇所あります。
ちなみに家族風呂の詳しいご案内は、次回させていただきますね^^




↑洗面所の様子です。このような洗面所が、館内にあと2箇所あります。
(後日ご案内いたしますvv)
蛇口から流れ続けているお湯は源泉になりますので、そのまま止めないで下さい(止めると、蛇口の奥で硫黄分が固まって詰まっちゃうのです;;)。冬場はこの温かさがなんとも心地いいですよ^^添え付けの桶をお使いになり、洗顔に歯磨きにとお使い下さい。
ちなみに窓からは、滝湯小屋がどかーんと見えます。

当館は離れ以外の客室は個別に手洗いや洗面所がありません。
かつての湯治場の基礎と雰囲気を残した純木造旅館であり、構造上全てのお部屋に水回りの設備を配することができないのです。それでも、館内各所にいたるまで気配りを怠ることなく、お客様へ出来る限りの快適さと安心をご提供できるよう、日々保全に努めてまいります。
若女将de西屋 | 西屋館内丸ッと案内(その他編) | comments(0) | trackbacks(0) |
/ 1/1PAGES /