RECOMMEND

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | - | - |
全ては最新の情報(写真)をUPするために!
JUGEMテーマ:温泉に行こう


西屋では、間もなく季節の和食膳を盛夏バージョンにチェンジします。

お献立(一部)は、こちらです^^

郷土料理 冷汁
前菜 “山里の夕涼み”
小鉢  蕗蒟蒻

<和食膳コースの場合>

最上川源流 岩魚塩焼
米沢牛と季節の野菜陶板焼
天元豚山菜巻 胡麻味噌ドレッシング添え
御食事 親子ちらし寿司



 

しかし当然、文字だけだと何もイメージが湧きませんよね。
お料理は見た目も大事ですから…

というわけで!!
これからご提供する盛夏の膳の写真をHPその他にUPすべく、
昨日のあわただしい夕方の最中でしたが、がっつり写真を撮りまくりました。

(撮影専用にお料理を用意&セッティングしてくれたスタッフの皆さん
お疲れ様でした!)


その一つこちら↓

 


天元豚山菜巻き胡麻味噌ドレッシング添え」です。


背景の黒地は、リサイクルショップで偶然見つけた
仕付け糸付き(未使用)化繊の着物(しかも激安でした/笑)。
料理を引き立たせるのに黒地が一番、さらにこの着物はマットな質感で
とてもいい塩梅なのですが、ズボラにも解かずにそのまま使ったので、
カッコ悪いことに裾の織り目がくっきり写りこんでしまいました。


それを、先日ブログでご紹介したペンタブレットを使って消すわけです!

 

 

およそこんな感じに・・・


最後はそれぞれのサイトでの用途とサイズに合わせてトリミングして…

 

 

どうにか完成!

他にも撮影した写真があります。
近日中にHPその他へUP予定ですのでどうぞお楽しみに・・・!



館内や季節の写真など、今まで色々な写真を撮ってきましたが、
お料理は非常に難しいです。お料理本来の色を崩さずに撮ろうとすると、
器の色や照明の入り方など細かい調整が必要になり、
なかなかプロさんのようにはいきません。

それでも、お客様の楽しみでもある季節のお料理の写真イメージは、
ネットだろうがパンフレットだろうが絶対に外せないポイントです。

ご宿泊のご予約を下さったお客様が、HPなどで写真をご覧になり、
より「わくわく」としたイメージを膨らませることができることが
できれば、こんなに嬉しいことはありません…。


まだまだ要努力ですが、西屋らしさを壊さず&誇張せず、
これからも腕を磨きつつ旬の情報を皆様にご提供できるように頑張ります!


山間を抜ける風がさわやかな夕涼みに味わう西屋の夏膳は格別です。
平日であれば日帰りでのご利用も可能です。
ぜひお越しください^^。

若女将de西屋 | “食”にまつわること | comments(0) | trackbacks(0) |
久々に作ったスイーツ(笑)
JUGEMテーマ:最近のマイブーム
 
上の息子が夏休みの間はとにかく育児に追われてスイーツのスの字もない日々を
過ごしておりましたが、ようやく2学期が始まり、少し時間に余裕ができたので、
ひさびさに練習を兼ねてマイオーブンに頑張ってもらいました。

ちょっと変わったアングルで。


どーん。

桃のタルトです。

お盆の折、故郷福島から兄が届けてくれた桃を白ワインでコンポートにしていたものが
冷蔵庫に残っていたので、桃缶の代わりに材料として利用してみたのですが…

写真では無事に仕上がったように見えますが、

実は…

実は……

焼き始めた時点で大惨事一歩手前の状態でした(笑)

最初参考にしていたレシピの後で、「タルトによく合うアーモンドクリームの作り方」なんて
レシピを見つけてしまって、思わず「おおお!!」

元のレシピにあった型のサイズよりかなり多い分量だったのにぜんぜん確認せず、
いざ生地をシュクレに全部載せ終えてから、分量を思いっきり間違えていたことに気づく羽目に。
オーブンに入れた途端、まるで火山の噴火をスローモーションで再生するかのように
どろどろと流れ出し…(汗)

焼きあがってから、タルトの周りにはみ出してしまったアーモンドクリームは、
見事に不揃いな形のフィナンシェになりました(笑)

もちろん恥ずかしくて大惨事写真はありません///
今思えばネタで撮っておいてもよかったような気がしますがw

ともあれレシピはちゃんと見ないとダメですね(^^;


今日の教訓:失敗は成功のもと。
若女将de西屋 | “食”にまつわること | comments(0) | trackbacks(0) |
麹の世界にもダイブします!!



さきほどのスイーツ作りに追加。

私は洋菓子だけではなく、最近はやりの「麹」にもとても興味を持っています。
そこで、
米沢市にある秋葉味噌さんで生麹を買って、まずは甘酒を作ってみました。

香りからしてコクがある素晴らしい麹。

これが解凍した秋葉味噌さんの生麹。すごくいい香り。

初挑戦にしては上手くできました。

イキナリ途中経過すっとばしですが↑が完成した甘酒です。

飲むタイプのものよりもだいぶ水分を少なくして作りました。
お菓子だけでなく料理にも応用できそうな濃厚な味に仕上がりました。

甘酒とココナッツミルクの絶妙な味。

そしてこの甘酒をさっそく使ってココナッツミルクと合わせ、
イチゴ大好きな息子にリクエストされて作ってみました。
スイーツなのに栄養満点の味。

地元米沢市には、秋葉味噌さんの他に花角味噌さん、全国に名をはせるお酒の醸造元さんなど
麹のエキスパート老舗がたくさんあります。
いつかそんな米沢自慢の麹を使って美味しいお料理やお菓子を手作りできたら、
(そして西屋に活かせればゴニョゴニョ)…なんて壮大な願望を抱いていたりします。

…今の腕じゃまだまだですが(苦笑)

子どもにも安心して喜んで食べてもらえるものを作ってあげたいものです。
次回は塩麹にチャレンジ!!

リンクをつけますね。

絶品塩麹の他にも酒粕をつかったコスメ等麹商品盛りだくさんの秋葉味噌さん(おたまや)
のページはこちら→
http://www.otamaya.com/

西屋でいつも味噌を仕入れている花角(カクリキ)味噌さんのページは
こちら→
http://www.kakurikimiso.com/


ちなみに今回甘酒を作るのに参考にさせていただいた本はこちら↓
とてもためになりました。

評価:
小紺 有花
河出書房新社
¥ 1,260
(2011-11-19)
コメント:塩麹&甘酒の作り方はもちろん、おからやアーモンドをふんだんに使った栄養満点のスイーツレシピの数々に驚き!おススメです^^

若女将de西屋 | “食”にまつわること | comments(0) | trackbacks(0) |
言い訳とマイブーム



かれこれ2カ月近く更新をさぼっていました。
やっぱり子どもが二人いるとなかなか落ち着いてPCにむかうことができません。。
忙しさにきりきり舞いするわけではないのですが、寝る時間以外は殆どマラソン状態。
うまいことに片方が寝ると片方がテンションUPするという兄妹連携プレーばっちり(?)の
バイオリズムで、母親業がすっかりイコール生活そのものになってしまっている
今日この頃です(苦笑)

今朝の西屋です。

さてさて時は入梅の候、山々の緑はすっかり深くなり、朝霧に煙るその姿は実に美しいものです。
そんな山懐にたたずむ西屋ですが、よく見ると屋根になんか黄色いものが…

まるで髪飾り…

たんぽぽが咲いてる(笑)
もうすぐ大内宿の職人さん方に葺き替えに来ていただく予定ですが、
あまりにも待ちきれなくて野の草花でお化粧してしまったのね…
こ、これはこれでちょっとかわいいかもしれないけど、茅葺屋根としてはあまりにもせつない。
あと2週間ちょっとの辛抱だよ、もう少し待っててね。

私はこの春ごろから、なぜかお菓子作りに目覚めてしまいました。
…いえ、正確にはお菓子作り「の練習」に目覚めてしまったというのが正しいでしょうか。

実はブログの更新をひたすらほったらかしていたのはこれ↑が原因だとか何とか(?)^^;

念願のオーブンに加えてハンドミキサーもゲットしたことで、今まで作れなかった
焼き菓子やケーキに挑戦できるようになったのでした。
息子もどういうわけか料理&お菓子作りに興味があるようで、エンターテイメントの
つもりで始めたら楽しさ満点でもう止まらない!

以前に買った「和スイーツ本」(左の欄にも紹介させていただいています)を手に、
ひたすら作る作る(笑)
以下今まで作ったお菓子の一部です↓

1.抹茶ロールケーキ

もうちょっとふわふわさせたかった…


2.レモンケーキ(参考になった福田淳子さんのレシピ本をバックに。)

個人的にとても好み。


3.上新粉クッキー

ほろほろクッキー!


4.紅茶シフォンケーキ

生クリームがwww


これ以外にも大失敗の数々が。圧倒的に失敗の回数の方が多いw

ケーキのつもりがせんべいになったり、砂糖と塩を入れ間違えたり(笑)
こんなんで人様に提供できるレベルに上達できるのだろうか?!
いいや気にしない!!
とにかくこれからも修行あるのみです!!

評価:
福田淳子
グラフ社
¥ 1,000
(2009-05-26)
コメント:これが参考になったレシピ本の一つ。美味!美味!!美味!!!めざせ全レシピ制覇!!!

若女将de西屋 | “食”にまつわること | comments(0) | trackbacks(0) |
ハッピーバースデー会長☆!
JUGEMテーマ:育児



このところの暖かい日差しを受けてだいぶ残雪が小さくなってきた白布界隈。

今日は子どもたちの大好きな西屋じいちゃん(会長)の誕生日です。
そして会長&大女将の結婚記念日。

端午の節句には少し早いのですが、あんこ大好きな会長たちにささやかな
手作りの柏餅をプレゼントすることにしました。


材料ズ。

材料です。普通のだんご粉にあんこ、そして柏の葉。
あんこは個人的な好みによりこしあんで即決(笑)

柏の葉は、この時期であれば塩漬けにしたものがちゃんとスーパーで売られています。
香りがよくてとても好きです(^^)…食べられませんが(苦笑)

だんごを作る過程は白玉だんごと同じく丸める→茹でる
でもOKなのですが、今回は蒸し器を使ってこねるパターンで挑戦してみました。

ちょっと固めに粉を捏ねて、伸ばして蒸して冷やしてまた捏ねて…

形を整えてできたのがこちら↓

もっと薄く大きく作ればよかった…^^;

適当な大きさで作ってみたので、妙に厚ぼったくなりました^^;

そこにまるめたこしあんをのせて柏の葉と一緒に包んで…

どーん!

出来上がり!!
初挑戦ながらまずまずの出来?

見た目以上の巨大団子。

だんごが余ったのでこんなのまで↑作ってしまいました。
写真では見えにくいですが、本体はすさまじく歪んでいます(笑)


ともあれ、無事にできた柏餅(&団子)、会長と大女将には喜んでもらえたようです。
今回は子どもと一緒にレクリエーションを兼ねた練習として作ってみましたが、
次回はもっと上手く作れるようになって、ゆくゆくはお客様にも提供できれば
いいな…なんて壮大な野心を抱いていたりします。

手作りならではの味をいつかお届けできれば幸いです(^o^)

いつかこんな風に…♪

若女将de西屋 | “食”にまつわること | comments(2) | trackbacks(0) |
西屋ラベルのワイン赤&白!
JUGEMテーマ:温泉に行こう


HP素材用に、西屋ラベルの白&赤ワインの写真撮影をロビーで行いました。


生花がベストだったのですがたまたまなかったので造花を添えて…。
申し訳か;ちょっとは洒落た雰囲気を出したかったのですが…

やっぱり素人撮影は厳しい;;

撮影技術はなかなか向上しません…

ちなみに↑はiPhoneで撮影したもの。これでも多少デジタル加工しています。
(もちろん本番は三脚デジカメで撮影しましたとも!)
iPhoneはアプリを全く使用しない場合本当に最低限のカメラ機能しか持たないので、
明度の低い囲炉裏端&電球色の灯りの下では、せっかくの赤ワインの「赤」も
真黒に見えてしまいます。

一方プロの方は、ありとあらゆる照明機材を巧みに使って見事に絵的な写真を生み出せてしまう。
肉眼で見るだけではなんてことはないのに。
写真でそのリアルさ(光加減)を再現しようとすることは実はすごく難しいわけです。

そう考えると、人間の目ってすごいのかもしれない…!!!


・・・・話がそれてしまいました(笑)


西屋オリジナルラベルワインは、高畠ワイナリーで醸造されているワインです。
赤はくせがなく、それでいてこっくりとした味わい。
白は辛口と甘口があって、辛口は日本酒に似たきりりとしたテイストが特徴で、
甘口はとってもフルーティーで、あまりお酒を飲まれない女性の方にもおススメ!

お土産にも大変喜ばれています^^

西屋においでの際は、ぜひ一度ご賞味くださいませ。

若女将de西屋 | “食”にまつわること | comments(0) | trackbacks(0) |
うこぎスイーツにかわいい動物に♪
JUGEMテーマ:温泉に行こう

この間手に入れたうこぎの粉末♪♪♪

早速その粉末を使ってスウィーツを作ってしまいました*^^*!
ぐぬーっ、またしてもスイーツです(笑)

この作り始めがたまらなく楽しい♪

↑さぁ、何を作っているでしょうか?卵黄に、砂糖。傍らには生クリーム。そしてバックには
調理場スタッフもお気に入りのスイーツ用ミニマグ。いつもの材料が勢ぞろいです。

仕上げ技はまだまだ初心者レベル…

↑じゃーん!作ったのは、米沢の風土あふれるうこぎババロアでした。中身はもちろん、
トッピングにもうこぎの粉末をあしらってみましたよ。(生クリームは今回もうっかり
混ぜすぎました;ちょっとカタイ;)

まずはスタッフに試食してもらっていますが、今回も酒粕ムースと同じように実用化
できそうな感じです。まだもう少し改良の余地があるので、それはまた次回の課題ということで…^^

いつかは焼き菓子に挑戦したいのであります!


…お話は変わりますが、
先ほどスカイバレーの入口まで散歩した帰り、ひょっこりとテンが姿を現しました。
道路に出てきたところでばったり。すぐにも逃げるのかと思いきや、
案外人慣れしている様子?で、おとなりのホテル渓山の敷地内の高台に上がって、
何やらこちらをしきりに伺っているのです。

ちょこん!カワイイ顔が見えますか?

あわてて西屋に戻ってカメラを持ち、ファインダーをむけたのですが、(その間テンはどこへも
逃げませんでした)今日は天元台スキー場で大会があったようで、交通量がえらく激しく、
超ズームで撮ったこともあって少しぶれてしまいました。↓
全長約40センチほどはあったでしょうか。えらく肥えた(笑)かわいいテンちゃんでした。


白というよりは春毛色。かなりむっちり?

若女将de西屋 | “食”にまつわること | comments(0) | trackbacks(0) |
ある日突然のアレルギー
JUGEMテーマ:健康

先ほど、家族の夕食用にと、すりおろした長芋入りのふわふわ鶏団子鍋を作りました。
奥歯まで生えてきたとはいえ息子はまだ小さく、離乳食を意識して
(大人のみなさんにはペースを合わせてもらって^^;)用意したのですが、
実は私、子供のころからの長芋アレルギー持ち。気がついた時には既に遅く、
たちまち両手がかゆくなり、カリフラワーのようにぼこぼこにかぶれてしまいました(汗)

うわー、アレルギーだってこと忘れてたー;;!!

最近ではエビやカニに対して(特にカニはひどい)もアレルギー反応を起こすようになり、
好物であるにもかかわらず全く口にできなくなってしまいました。
花粉症は平気だし、そのほかの食材は全く平気なのに?!
不思議です。

小さなお子さんで、卵から小麦粉から牛乳までダメ、というケースもありますよね。
人によってアレルギー反応を起こす食物はさまざま、下手をすると命にもかかわってしまう
決して侮れないこの食物アレルギーは、一体どうして起きてしまうのでしょう?

今回はちょっとうっかり;でした・・・・・

※現在西屋では、お客様がご予約をされる際に必ず苦手な食材を確認させて
頂いております(ネット予約のみ)。
若女将de西屋 | “食”にまつわること | comments(0) | trackbacks(0) |
大人味のムースです
JUGEMテーマ:温泉に行こう


このあいだの梅酒風味レアチーズケーキに続き、
これなら簡単に作れてお客様にもすすめられるのでは…と考え、
今日はこのスイーツに挑戦(実は2回目ですが^^;)↓

片手に乗るサイズの小さなマグ。

材料がそろっているばっかりにまたしてもお酒風味(!)、「酒粕のムース」です。
深い味わいが自慢の地元酒蔵:東光の板粕を使用しています。

(前回作ってみたときは、焦って材料をよくよく混ぜないまま仕上げてしまったために、
ぼそぼそ食感になり大失敗(ToT)!!せっかく味がよかったので懲りずにリベンジ。)

静電気のせいでよく逃げ回る銀の粒!

レシピには載っていませんが、ただ生クリームを流しただけの真っ白な仕上がりでは
味気ないと思い、今回はトッピングに銀粒砂糖↑を用意してみました。
きれいではありますが、お出しする直前に乗せなければ
銀がはがれて黒砂粒に変化してしまうので要注意…;;;;

冷やすこと1時間強、仕上がったのがこちら↓

あっ、スプーンを乗せるのを忘れました^^;

う〜ん、まだ何か物足りない感じ(もといど素人な感じ/泣)ですが、
ぱっと見たところ、少しは冬(新雪)らしく見える……かしら^^;;;
まぁ、とりあえずまだ試作段階なので見た目はごめんなさいです…。
一方味は、酒粕の苦手な人にはちょっときついかもしれませんが、牛乳と生クリームの
割合がかなり多いので、あの酒粕独特のツンとした香りはだいぶ和らいでいます。
器も、くどくならないようにミニグラス程度の小ささがちょうどいい感じです。
しっかりミキサーさえすれば、驚くほどなめらかな口当たりでつるりといける!

まだまだ改良の余地ありですが、ちょっと大人向きのスイーツとして、
冬だけの夕食後デザートにどうかな?!ただいま検討中であります!

若女将de西屋 | “食”にまつわること | comments(2) | trackbacks(0) |
大沼で見かけた“モロッコ”

 


今日は、子供の通院&食材の買い出しのついでに
米沢市街地中心部にある大沼デパートへ出かけました。
ちょっとその辺では売っていないような製菓材料や特殊鍋がないかな〜
(料理熱が止まらない^^;)
と思ってあれこれ見ていたら、こんな鍋を見つけました。


実につやピカ!
 

見るからに異国情緒?な形をした不思議な鍋!
はぁ、これが噂のタジン鍋ですか!!
あらまぁ思ったよりもカラフルでかわいいこと(*^o^*)

アフリカ大陸の北端:モロッコで、貴重な水分をフル活用して野菜を蒸すことが
できるよう作られた、いわゆる「オリエンタル無水鍋」であるわけですが、
日本ではもっぱら「油を一切使わずヘルシー!!」が売りのようです。

旅館で使うには文化背景が違いすぎて個人的にNGですが、家庭でなら
大活躍するかも^^ネットで見てみると形もユニークなものがあるようですね。

そんなこんなで、しばらくこの古代の集落のような(笑)
コーナーに見入ってしまいました。
(子供は隣の招き猫コーナーに夢中でした^^;)

PS:ここのところパソコンから記事投稿することが多いのですが、そうすると
なぜか文字列が勝手に右寄せになったり字が小さくなってしまったりします。
直せる限り直してはいますが、お見苦しい点お詫びいたします;;;

JUGEMテーマ:
エンターテイメント

若女将de西屋 | “食”にまつわること | comments(0) | trackbacks(0) |
/ 1/2PAGES / >>